キャッシングに関する不安を解消します。

個人情報の流出は大丈夫なのか不安

キャッシング借入れ利用で個人情報が流出したり、悪用されたり、だれかに知られたりしないか不安に思う場合もあるのではと思います。

これはキャッシングでなくても、他のあらゆるサービス利用した場合と同様で、サービス提供する業者において、個人情報取扱いに関してのガイドラインというような形で、どういった形で利用して保持するかという規約(プライバシーポリシーなど)を確認した上で申し込みを行う形になっています。

申し込みだけでも6ヶ月間は保持

ほぼすべての場合、申し込みをした時点で、顧客情報として各業者に、 それと同時に個人信用情報機関において保持管理されることになります。

キャッシング利用時に取り扱う個人情報といえば、 まず申し込みの際に申告する内容

  • 個人を特定するための情報
    氏名・住所・生年月日・電話番号・勤務先・運転免許証の番号等・年収

などとなり、もしも審査において融資不可になったとしても、 申し込みから6ヶ月間は保持管理されます。

融資を受けた時点で5年間保持される個人情報

審査に通過して契約を締結し、実際にキャッシング借入れした場合には上記に加えて、

  • 契約内容に関しての情報
    契約日、貸付日、契約金額、貸付金額など
  • 返済状況に関しての情報
    借入残高、延滞など
  • 取引事実に関しての情報
    債権回収、債務整理など

これらの個人に関しての情報が5年以内(項目により1年以内)、 保持管理されることになるわけです。

銀行であれば全国銀行個人信用情報センター、消費者金融やクレジットカードであれば、 株式会社CIC、日本信用情報機構(JICC)といった機関において保持管理されます。
これらはすべて国の認可を受けて個人情報の保持管理を行っていますので、
そうめったに個人情報が流出してしまうということはないです。
といいたいところですが、日本年金機構での情報流出も記憶に新しいですから、
絶対にとはいえない面もありますね。まあ、どんなサービスを利用してもそういったリスクはありますから、今の時代キャッシングに限った話ではないともいえます。

マイナンバー制度とは関係ない?

近々開始されるマイナンバー制度。
国民ひとりひとりそれぞれに個人番号を割り振ることで、社会保障や納税、災害対策などに有効活用するという制度なわけですが。キャッシングの利用情報などは、このマイナンバー制度で扱われる個人情報と紐づけられることはありません。

ここからはちょっと個人的な考えです。
そもそもこのマイナンバー制度って、年金、税金の支払いや受給についての利便性向上を大きく謳っています。利便性といえば良く聞こえますが、実際のところ支払いをしていない人からの回収率を上げることが大きな目的であるといえます。

さらに民間での利用についてもいまのところ禁止ということになっていて、市役所など地方自治体での利用がメインとなってますが、施行後3年をめどに必要であれば云々・・・既にそういう話もでてきてますから、将来キャッシングなどの借入れ情報がマイナンバーと紐付けられる可能性が絶対にない。とは言えないのではないか?と思います。