キャッシングに関する不安を解消します。

LINE Payで個人間取引が気軽に?便利だからこそ注意する事

キャッシングではないですが2014/12/16にすごいサービスが登場しました。 LINE Payです。最近の若い方であればほぼ利用しているラインですが ラインの友だちどうしで銀行口座なしで送金ができるサービスなわけです。

参考:LINEの送金・決済サービス「LINE Pay」が登場!友だちとの割り勘も“LINEで払うね”で簡単に。

飲み代・ご飯代・合コン代・友人と割感をする時に便利

お金の流れはこんなにも簡易的にできるのはコミュニケーションツールを制している LINEだからできる技で、私もたぶん定期的に使っていくめちゃめちゃ便利な サービスだと思います。

お金がないからと言って友人に貸してが楽になるとかそういう考えは 友達をなくすので辞めたほうが良いかと思いますが、なんらかな形で お金の貸し借りがあった時便利になりますね。

借りた後に乗っ取りがあったら間違って返金とかあるんじゃ?

ちょっと気になったのが、お金を借りた後に友達に返そうとした として、その友達のIDが乗っ取りとかあるんじゃないかなとか。。 これどうなるんでしょうね。でも注意していれば大丈夫かな。 あとは海外への送金はできない様にしていたり複数端末での利用は不可 だったりと現在でもそのあたりは考えられているみたいですね。 でも、お金の取引ですから注意は払って利用したほうが良いかと思います。

今後もバージョンアップ等々していくと思うので非常に楽しみです。

マイナー類似サービスは流行らないから危険性が高い?

LINEは人気サービスで利用者が多いのでこういった新サービスを公開するとすぐに利用をしサービスとして成り立つと思いますが、相乗りというか、簡単に 取引ができるという類似のサービスが出てくることは多いですね。

注意すべき点としては本家のサービスではなく、類似とか装った偽物の出現に騙されないことも1点あげられますね。 例えば今年悪い意味で流行したのがネットバンキングのパスワード変更のお知らせ等と称して不特定多数にメールを送り、その変更画面はまったく銀行とは 関係のない悪徳業者のページだった。というのがありました。こういうのは使う側が賢くならないといけない時代になってきたのだと思います。 一昔前は「おれおれ詐欺」に騙されるのは老人だけだとバカにしていた若者もネットにやPCに疎いから、、、という人はいるでしょう。 でもそれってオレオレなんかに騙されてるのとあまり変わらないので。