キャッシングに関する不安を解消します。

主婦がキャッシングを利用するのに夫の許可がいるの?

主婦がキャッシングを考える時に2種類に分けれます。

キャッシングする上で主婦を分類

  • パートやアルバイト、契約
  • 専業主婦

パートやアルバイト、派遣がキャッシングする場合

パート、アルバイト、派遣などで働いている場合、
定期的な安定収入がある場合は自身が返済できる総量規制の範囲内で
キャッシングが可能です。
総量規制の範囲内ですので、年収の3分の1までの借り入れとなります。
例えば年収300万円の場合は100万円までとなります。

パート、アルバイト、派遣

専業主婦がキャッシングする場合

専業主婦の場合は基本的には借りれません。
上記のパートなどで定期的な安定収入があれば話しは別なのですが、
安定収入が自身にない場合、返済能力があるのは夫となります。

専業主婦

夫に返済能力があるかどうかになってしまう。

収入のない主婦の場合は審査の過程において夫に返済能力があるかどうかになります。
返済において夫の収入から返済に充てられるからです。

なので、収入のない主婦がキャッシングしようとすると、
夫の許可がいります。
許可というか夫に連絡がいくので必然的に許可が必要になります。

消費者金融からお金を借りる場合自身に安定した収入があるかどうかが
重要なのがわかったと思います。
安定収入がある場合(自営で夫から給料をもらっている場合は除く。)は
基本的に夫に許可なく借り入れできます。

ですが、家族ですのでだまってお金を借りるという関係性は望ましくないと考えられます。
後々のトラブルの原因にもなりますので、家族には言える環境を構築したほうが好ましいですね!